1986年設立 女性がしなやかに心たくましく

行基菩薩生誕1300年に当たる今年、縁の深い奈良市菅原町にある喜光寺を訪問しました。境内に清らかに咲きほこる250鉢の蓮の花を愛で、いろは写経を心静かに体験しました。

また、山田法胤ご住職の法話があり、女性経営者に向けて、心の持ち方の大切さをお話くださり、以下のような、こころに残るお話をいただきました。

 仏教は、心のことを田畑に例えます。 3つの田を耕しなさい。

➀三福田⇒ 敬田(敬う心) ②恩田(恩を感じる心)

③悲田(人の悲しみや辛さを感じ、共感する心)

 田んぼは3年休ませると、田畑の働きを失う。常に、これら3つの田畑を耕し続けることが大切。

〇縁の大切さ

 この世は、無明である。つかんだと思ったら、とんでもないものをつかんでいる場合がある。

 掴んで生かすことができるのは、縁である。徳川幕府 柳生家家は、以下のような家訓を残し、繁栄することができた。

「小才は 縁に触れても 縁に気づかず 中才は 縁に気づいて 縁を生かさず 大才は 袖すりあう 縁をも生かす 」